Title

厦門園・白鷺像案内板除幕式

報告 宮ア有恒 創立30周年記念実行委員長

 
佐世保北ロータリークラブ創立30周年記念事業として、3月15日、佐世保駅みなと口のシーサイドパークにある「厦門園・白鷺像」の高さ150センチの案内板を設置し、その除幕式を行いました。
 これは佐世保市の姉妹都市・中国厦門市から2008年に寄贈された、厦門市の鳥「白鷺像」が小さくて存在がわかりにくくまた「厦門園」の認知度も低いことから案内板を設置したのです。
 また厦門市にある厦門理工学院と佐世保工業高等専門学校は、日頃より交流を重ねておりその支援を当クラブで行っている関係で、その除幕式には会員のみなさまにも多数参加していただき、朝長則男佐世保市長ならびに李文亮中国駐長崎総領事ほか関係者臨席のもと開催することができました。
 緒方会長の「両市の親善の輪が広がることを心から祈念します」との挨拶があり、朝長市長よりも「これまで以上に交流を深めたい」と述べられました。

厦門園・白鷺像案内板除幕式 写真集

メニューに戻る


2014年03月19日(水)掲載